女性が成功するための働き方

成功する女性の働き方

成功する女性の働き方 女性が仕事を続けてキャリアを積んでいくにはいろいろと越えなければいけない壁があります。
キャリアプランを立てるのも、若いうちは難しいかもしれません。特に結婚や出産などは自分だけのタイミングで決められない要因もありますので、余計に10年、20年といったキャリアプランをイメージするのは難しいのです。
それでも、キャリアを積み上げて仕事で自己を実現する人はたくさんいます。
女性が成功するためのポイントとは何でしょうか?


短期的な視点でものごとをとらえない

現在の社会の景気動向は決していいとは言えません。こんな時代は仕事を選択する余地も少なく、自分の意に沿わない仕事を担当することも普通にあり、自分の頑張りもなかなか認められず、自分が思うような給与がもらえないといった状況になりがちです。こういったことが重なると自然に仕事に不満がたまり、考え方も後ろ向きになりがちです。そして、この状況に耐えられず、仕事を辞めてしまう人もいます。でも、こういうときこそ、目先の状況に惑わされず、長期的な視点を持ってキャリアプランを立てましょう。特に女性は、若いうちに周りの人に認められなければという思い込みを持ちがちです。そんなプレッシャーや思い込みを跳ね返すことが女性が仕事で成功することへの第一歩です。

サポーターを見つける

長期的なキャリアプランを持って、自分一人でがんばっていくのは、想像する以上に大変なことです。つい周りに愚痴を言ったり、結局目先のことにとらわれてキャリア半ばで挫折することになりかねません。そんな時に助言や指導をしてくれる先輩や同僚が近くにいると非常に心強いものです。そんなサポーターをメンターと言います。若いうちにメンターを見つけて、サポートをしてもらうことができれば、キャリアプランの実現に近づくことが可能です。 メンターは自分より年齢や地位が上の人で、業務上直接の利害関係がないほうが、何かと相談がしやすいものです。たとえば、元の上司や同僚などがそれに当てはまります。そういった人にサポーターになってもらうにはどうすればいいのでしょう?

サポーターになってもらうコツ

親身にアドバイスをしてくれる年上の人を見つけ、指導やサポートをしてもらうためには、そういった目的だけで人とつきあうのではなく、日頃からいろいろな人とのつながりを大切にしていく必要があります。それは緊密な繋がりである必要はありません。緩やかな繋がりでかまわなくて、たとえば年賀状を毎年送る、簡単な相談ごとができる、FacebookなどのSNSを利用するなどの関係レベルで、つかず離れずというゆるやかなネットワークを持つことで、周りの人に認知されるようにします。そういった繋がりの継続の中で、自分の考え体験談などを話していくうちに、自然とアドバイスをしてくれる人が現れるようになります。
このときに大切なことは、自分の中にぼんやりとでも将来のキャリアプランを持っていることです。そういう部分が垣間見えるからこそサポーターが手を差し伸べてくれるのです。

働く女性にオススメの記事一覧

勤務形態による平均賃金の格差
勤務形態による平均賃金の格差

正規社員と非正規社員には平均賃金で1対0.7ほどの格差があります。その上、非正規社員は年齢に関わらず賃金が横ばいなのに対して、正規社員は経験や実績で賃金の増減があるため、非正規社員との賃金格差はより一層大きくなるのです。

成功する女性の働き方
成功する女性の働き方

女性がキャリアを積み上げて成功していくためには、目先のことにとらわれないようにすることが重要です。時に短期的な視点に捕らわれそうになったときには、近くにアドバイスや指導をしてくれるサポーターがいると大きな支えになってくれます。そんな人との繋がりが成功への秘訣でもあります。

女性の転職で聞かれる質問対策
女性の転職で聞かれる質問対策

女性が転職の際、求人先の企業との面接で、よく聞かれる質問があります。それは仕事のやる気に関する質問であったり、仕事に対する姿勢の質問であったりするのですが、どんな質問に対しても簡潔明瞭に答えることが好印象を生みます。ただ、簡潔明瞭に答えるためには予め、求人先企業について知っておくことと、自分の過去の仕事の棚卸しが必要となります。