結婚後の女性が仕事に求める条件

女性は結婚で仕事に求める条件が変わる?

女性は結婚で仕事に求める条件が変わる? 女性は結婚を機に働き方が変わることがあります。
男女雇用機会均等法後、男女の働き方に差はなくなってきていますので、結婚後もそのまま以前の条件で仕事を続けていくことは可能なのですが、実際の女性の働き方は結婚を機になんらかの変化があるようです。
独身時代は一人暮らしあるいは実家で両親と暮らしていたりという環境で、基本的には自分のペースで働くことができましたが、結婚後は、新たな場所で配偶者と同居する生活が始まりますので、今までの勤務先への通勤経路が変わります。家事の負担も増え、仕事との両立が大変になってきます。
場合によっては、配偶者が転勤のある仕事だと、転勤発令時には、別居をしない限りは、仕事を辞める選択をせざるを得ません。そういった結婚に伴うさまざまな要因が絡み合って、働き方を変えざるを得なくなるのです。


結婚後の女性が仕事に求める条件

結婚後の女性が仕事に求める条件は、雇用形態、勤務時間、勤務地です。
雇用形態と勤務時間について求める要素は類似しています。
結婚後の新たな住居が以前とあまり変わらない場合は、従来の仕事を続けられますが、まったく以前と同じというわけにはいきません。独身の頃よりも、家事が増え、夕食の準備をすることも増えてきますので、残業はなるべく少なく、できれば毎日定時で帰ることのできる勤務形態を望むようになります。
そうなると、正社員というよりも、パートや派遣社員のような時間が決まっている雇用形態に変えてもらうか、新たな雇用形態で働くことのできる仕事を探して転職するかということになります。
勤務地についても同様で、結婚のタイミングで転居した場合に、通勤しやすい場所に職を求めて、転職をすることになります。

転職の職探しのポイント

結婚を機会に転職をする場合、以前と同じ職種が望ましいですが、雇用形態・勤務時間・勤務地という新たな条件がありますので、転職情報誌やインターネットではなかなかピッタリの条件の仕事を探すには時間がかかって、難しいかもしれません。
そんな場合には意外とハローワークが有効だったりします。ハローワークでは就職情報誌やインターネットに掲載されない地元密着の情報が中心で、勤務地の条件に当てはまる仕事が多く、その中から雇用形態や勤務時間の合う仕事を選ぶことができるので、有効です。
本来は結婚後も同じ仕事ができればいいのですが、実際は条件が変わってきますので、継続が難しくなってきます。さらに妊娠や出産というタイミングでその条件は変わってきますので、転職の際はいろいろなチャネルで条件に合う仕事を探していく努力が必要になります。

働く女性にオススメの記事一覧

勤務形態による平均賃金の格差
勤務形態による平均賃金の格差

正規社員と非正規社員には平均賃金で1対0.7ほどの格差があります。その上、非正規社員は年齢に関わらず賃金が横ばいなのに対して、正規社員は経験や実績で賃金の増減があるため、非正規社員との賃金格差はより一層大きくなるのです。

成功する女性の働き方
成功する女性の働き方

女性がキャリアを積み上げて成功していくためには、目先のことにとらわれないようにすることが重要です。時に短期的な視点に捕らわれそうになったときには、近くにアドバイスや指導をしてくれるサポーターがいると大きな支えになってくれます。そんな人との繋がりが成功への秘訣でもあります。

女性の転職で聞かれる質問対策
女性の転職で聞かれる質問対策

女性が転職の際、求人先の企業との面接で、よく聞かれる質問があります。それは仕事のやる気に関する質問であったり、仕事に対する姿勢の質問であったりするのですが、どんな質問に対しても簡潔明瞭に答えることが好印象を生みます。ただ、簡潔明瞭に答えるためには予め、求人先企業について知っておくことと、自分の過去の仕事の棚卸しが必要となります。