転職をする女性が注意をすること

女性の転職で注意すべきこと

無理しすぎずにやる気を引き出すポイント

女性が転職をする場合に注意すべきことは、いくつかありますが、転職活動の際に、求人先が求めていることをしっかり把握したうえで、自分をアピールしていく必要があるということです。求人先が転職者に求めるものは、基本的にはビジネススキルとヒューマンスキルとテクニカルスキルです。それにプラスして、その企業の仕事内容と転職者の過去の経験やこれからのやる気がマッチしているかどうかです。的確な自己PRをして、その会社にとって必要な人材であることを印象づけられれば、転職の成功は間違いないでしょう。

女性の転職で気をつける自己PR

自己PRには、自分が過去にどういう経験をしてきて、そのスキルでどのように新しい勤務先に貢献をできるのか、しっかりアピールすることが重要です。特に過去の経験や実績を、客観的にわかるように数値化することができればベストです。
営業職であれば、売り上げ実績や新規開拓件数の実績など、事務職であれば、担当してきた事務内容とその処理件数などです。
数値化できない仕事をしてきた場合は、その仕事が会社の売り上げ等の数値に具体的にどんな貢献をしてきたかを、客観的な言葉で記入することが重要です。

女性の転職面接のポイント

面接の際、採用者が見るポイント、すなわち面接者が注意すべきポイントは次の3点です。
1.ビジネスパーソンとしての基本的なスキル(ビジネスマナーや言葉遣いなど)を備えているか?
2.同僚として、いっしょに仕事をしたい、会社に違和感がないヒューマンスキルを備えた人物であるか?
3.経験や能力、資格など会社が求めているテクニカルスキルを備えているか?
応募者は3のテクニカルスキルに気を取られますが、採用する側としては、1と2の基本的な部分を重視しています。

女性の転職で聞かれる質問対策

面接の際の面接官からの質問は多岐にわたります。
時にはこんな質問にどんな意味があるのかな?とか、これに対してどう答えればいいのかな?と迷うような質問もあるはずです。
そんな質問の中から、質問をされることが多い項目を、「仕事のやる気に関する質問」、「仕事に対する姿勢に関する質問」、「人柄に関する質問」に分けてピックアップしてみましたので、その質問の趣旨と回答の仕方を、実際の面接の時の参考にしてみてください。

女性の転職で求められること

終身雇用制が事実上なくなりつつある昨今、男性だけでなく、女性の転職というのも一般的になってきました。
転職の理由としては、現状の仕事よりもスキルアップを目指して、あるいはやりがいを求めて、あるいは結婚を機に、と様々でしょうが、転職をするためには、就職活動、求人への応募、書類選考後の面接という一定の手順を踏まなければいけません。
その中での一番の関門は、面接をクリアすることです。面接をクリアするめに、女性が転職をする際に求人先から求められていることをしっかり把握しておく必要があります。

働く女性にオススメの記事一覧

勤務形態による平均賃金の格差
勤務形態による平均賃金の格差

正規社員と非正規社員には平均賃金で1対0.7ほどの格差があります。その上、非正規社員は年齢に関わらず賃金が横ばいなのに対して、正規社員は経験や実績で賃金の増減があるため、非正規社員との賃金格差はより一層大きくなるのです。

成功する女性の働き方
成功する女性の働き方

女性がキャリアを積み上げて成功していくためには、目先のことにとらわれないようにすることが重要です。時に短期的な視点に捕らわれそうになったときには、近くにアドバイスや指導をしてくれるサポーターがいると大きな支えになってくれます。そんな人との繋がりが成功への秘訣でもあります。

女性の転職で聞かれる質問対策
女性の転職で聞かれる質問対策

女性が転職の際、求人先の企業との面接で、よく聞かれる質問があります。それは仕事のやる気に関する質問であったり、仕事に対する姿勢の質問であったりするのですが、どんな質問に対しても簡潔明瞭に答えることが好印象を生みます。ただ、簡潔明瞭に答えるためには予め、求人先企業について知っておくことと、自分の過去の仕事の棚卸しが必要となります。