当サイトは働く女性の勤務形態を考えるサイトです

「働く女性の勤務形態レポート」について

「働く女性の勤務形態レポート」について いまや20歳~40際までの女性の約70%が働いているという時代ですが、ほんの数十年前、まだ完全に男性社会だった頃は、女性は結婚したら家庭に入るという傾向が強く、夫の収入が少なくても、その中で家計をやりくりして家を守るのが妻の役割という風潮もありました。その後、女性の社会進出が進み、結婚しても仕事を続ける女性が増えていきました。女性にとって、仕事を続けるのと専業主婦になるのと、どちらが良いかは個人それぞれの価値観や環境で異なりますが、それぞれにどういう違いがあるのかを考えてみましょう。いずれの選択も、「これが正解」というものがあるわけではないだけに、悩ましい課題でもあります。


家庭に入る?仕事を続ける?

専業主婦として家庭に入る場合、子育てや家事にも専念することができます。特に出産や育児は仕事のことを気にせずに子供との時間を過ごせるというのは大きなメリットと言えるでしょう。夫の収入が多ければ家計を気に病むこともありません。ですが、夫の収入に頼りきりになってしまうため、もし急に夫が働けなくなってしまった場合は一気に家計が成り立たなくなるというリスクがあります。また、もし離婚したくなっても自力で生活ができないため離婚もできないという状況に追い込まれるのも専業主婦のつらいところと言えるでしょう。そういう点では、どんな形であれ仕事をしている女性は夫に依存することなくすぐに自立できることがメリットです。もし万が一夫が働けなくなった場合のリスクも小さくおさえることができます。とは言え、家事や育児と仕事を両立するというのは、体力的にも精神的にも負担が大きいことは事実です。
女性が働き方を考えるときは、短期的なプランで判断するのではなく、理想のライフプランになぞらえながら長期的な視点でとらえることが大切なポイントです。

プライバシーポリシー

当サイトは個人情報の重要性を認識し、下記のプライバシーポリシーに基づき、厳重に取り扱います。

<個人情報の管理について>
個人情報の保護に関する運用要領を定め、管理責任者が適切に管理いたします。

<個人情報の収集と利用目的について>
個人情報の収集に際しては、以下の利用目的の範囲内で適正な方法により収集、利用いたします。
個人情報の利用目的
・当サイトへのお問合せに対する返信等、当サイトのご利用者様に向けたサービス提供のため
・アンケート、イベント等にご協力いただいた方へのご報告のため
・ダイレクトメールや電子メール等による情報提供のため
・サイトのサービス向上、改善、新サービス開発のため

<個人情報の第三者提供について>
本人から同意・承諾を得た場合、法令等に基づく場合、または正当な理由のある場合を除き、個人情報を第三者に開示・提供することはいたしません。

<プライバシーポリシーの変更について>
当サイトは事前の予告なく当プライバシーポリシーを変更することがあります。

<お問い合わせについて>
お問い合わせは以下までお願いいたします。
women-work-repo@outlook.jp

働く女性にオススメの記事一覧

勤務形態による平均賃金の格差
勤務形態による平均賃金の格差

正規社員と非正規社員には平均賃金で1対0.7ほどの格差があります。その上、非正規社員は年齢に関わらず賃金が横ばいなのに対して、正規社員は経験や実績で賃金の増減があるため、非正規社員との賃金格差はより一層大きくなるのです。

成功する女性の働き方
成功する女性の働き方

女性がキャリアを積み上げて成功していくためには、目先のことにとらわれないようにすることが重要です。時に短期的な視点に捕らわれそうになったときには、近くにアドバイスや指導をしてくれるサポーターがいると大きな支えになってくれます。そんな人との繋がりが成功への秘訣でもあります。

女性の転職で聞かれる質問対策
女性の転職で聞かれる質問対策

女性が転職の際、求人先の企業との面接で、よく聞かれる質問があります。それは仕事のやる気に関する質問であったり、仕事に対する姿勢の質問であったりするのですが、どんな質問に対しても簡潔明瞭に答えることが好印象を生みます。ただ、簡潔明瞭に答えるためには予め、求人先企業について知っておくことと、自分の過去の仕事の棚卸しが必要となります。