転職の面接で聞かれる質問事例集

女性の転職で聞かれる質問対策

女性の転職で聞かれる質問対策 面接の際の面接官からの質問は多岐にわたります。時にはこんな質問にどんな意味があるのかな?とか、これに対してどう答えればいいのかな?と迷うような質問もあるはずです。
そんな質問の中から、よく聞かれる質問をピックアップしてみましたので、面接の時のために参考にしてみてください。


仕事のやる気に関する質問

1.○年後(5年後、10年後など)どうなっていたいですか?
この質問の趣旨は、面接先の会社の事業内容を理解しているかどうかの確認です。事業内容や仕事内容を知らなければ、○年後、自分がこの会社でどういうキャリアを築いているか(あるいは、築きたいか)を答えられません。
2.前職の経験はどのように活かせると考えていますか?
これも会社の仕事内容を理解しているかの確認です。仕事内容を理解した上で、自分の経験がその仕事に役に立つことを説明できれば、OKです。
3.結婚後も仕事を続けたいですか?
どの程度腰を据えてやる気があるのかの確認の質問です。結婚あるいは妊娠・出産時の働き方について、事前によく考えておきましょう。結婚後の対策などを事前に考えておくことは、自分のライフプランを考える上でも役に立つはずです。
4.ほかに応募している会社はありますか?
就職についてどんなスタンスで取り組んでいるかの確認です。その会社と違う業種の会社に応募していても、説明できる理由があれば問題はありませんので、その理由を伝えましょう。

仕事に対する姿勢に関する質問

1.転職回数が多いのはどうしてですか?
採用してもすぐ辞めるようはことがないかの確認です。過去勤務していた会社を辞めた理由も聞かれますので、客観的な理由をはっきりと答えましょう。そこで、口ごもったり、長々言い訳を話したりすると、印象は悪くなります。
2.転職に至る理由に関して、解決の努力はしましたか?
仕事を長く続けようという努力をするのかを確認する質問です。前職で気に入らないことがあって、それを理由に転職した場合は、それを解決する努力をしたのか、どういう理由で解決を断念したのか、などをはっきり伝えることができれば、問題ありません。
3.失業期間に何をしていましたか?
失業期間が長い場合は、本当に働く気があるのかどうかの確認です。その間、就職活動をしていたのか、していたのに採用されなかったことについて、自己分析ができているのか。あるいは就職活動をしていない場合は、その理由は何か。このあたりを明確に説明できれば、問題ありません。

人柄に関する質問

1.あなた自身を色にたとえると何色ですか?あなたのモットーはなんですか?これだけは誰にも負けないと思うことは何ですか?等 これらの正解のない質問は、あなたの人柄を見るためのものです。日頃から思っていることがあれば、それを答えますが、特になければ、あまり深く考えずにその場の気持ちで答えてかまいません。どちらかというと面接者は会話のきっかけとして、あなた自身の素顔を確認しようとしている部分がありますので、羽目を外さない程度にありのままに答えましょう。

ほかにも意表をつくような質問をしてくることがありますが、基本的には簡潔にはっきりと答えることが好印象を与えますので、動揺しないように落ち着いて面接官の質問を理解してから答えるようにしましょう。

働く女性にオススメの記事一覧

勤務形態による平均賃金の格差
勤務形態による平均賃金の格差

正規社員と非正規社員には平均賃金で1対0.7ほどの格差があります。その上、非正規社員は年齢に関わらず賃金が横ばいなのに対して、正規社員は経験や実績で賃金の増減があるため、非正規社員との賃金格差はより一層大きくなるのです。

成功する女性の働き方
成功する女性の働き方

女性がキャリアを積み上げて成功していくためには、目先のことにとらわれないようにすることが重要です。時に短期的な視点に捕らわれそうになったときには、近くにアドバイスや指導をしてくれるサポーターがいると大きな支えになってくれます。そんな人との繋がりが成功への秘訣でもあります。

女性の転職で聞かれる質問対策
女性の転職で聞かれる質問対策

女性が転職の際、求人先の企業との面接で、よく聞かれる質問があります。それは仕事のやる気に関する質問であったり、仕事に対する姿勢の質問であったりするのですが、どんな質問に対しても簡潔明瞭に答えることが好印象を生みます。ただ、簡潔明瞭に答えるためには予め、求人先企業について知っておくことと、自分の過去の仕事の棚卸しが必要となります。